Tokyo University of Technology School of Bioscience and Biotechnology Yoshida Lab

新聞報道

  • HOME »
  • 新聞報道

[11] 遺伝子発現、協働し制御 ヒトゲノムで複数のグアニン4量体構造 東京工科大が解明
日刊工業新聞 (2018年2月23日)

[10] ヒトゲノム四重鎖複数形成1万箇所同定 東京工科大 抗がん剤標的も
化学工業日報 (2018年2月23日)

[9] 「四重鎖構造」複合形成領域 約1万箇所を同定 これらを標的にした抗癌剤開発へ 東京工科大グループ
薬事日報 (2018年2月21日)

[8] ゲノムのメチル化レベル簡便かつ正確な測定法・東京工科大の研究グループが開発・
ガンのバイオマーカーとして役立ち
科学新聞 (2017年9月1日)

[7] DNAの改変、蛍光で検出、東京工科大、がん診断応用目指す
日経産業新聞 (2017年8月28日)

[6] ゲノムのメチル化レベル 簡便・正確に測定
化学工業日報 (2017年8月23日)

[5] メチル化レベル測定法開発‐癌診断が簡便かつ正確に
薬事日報 (2017年8月9日)

[4]ゲノムのメチル化レベルを簡便に測定 ガン診断への応用期待 東京工科大
科学新聞 (2017年3月24日)

[3]ゲノムのメチル化レベル 簡便な測定法を開発 東京工科大
薬事日報 (2017年3月10日)

[2]メチル化DNA測定法 東京工科大が開発 簡単にガン診断
科学新聞 (2016年8月5日)

[1] DNAのメチル化頻度 2,3時間で簡単測定 東京工科大など
日刊工業新聞 (2016年7月28日)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.