Tokyo University of Technology School of Bioscience and Biotechnology Yoshida Lab

研究内容

  • HOME »
  • 研究内容

がん簡易診断のためのメチル化DNA検出法の開発

本研究室では、「第5の塩基」と呼ばれるメチルシトシンに着目し、がんを簡便に診断できる技術の開発に取り組んでおります。メチルシトシンは遺伝子の発現を制御する遺伝子スイッチとして機能しております。がん細胞などの異常な細胞ではこの遺伝子スイッチ状態が異常になるため、これを検査すれば簡単ながん診断が可能です。

 

DNA四重鎖構造の機能解析

DNAは通常二重らせん構造を形成しますが、特定の配列を持つDNAは四重鎖と呼ばれる特殊な高次構造を形成します。本研究室では、ヒトゲノムDNA中で四重鎖構造が形成される領域の解析やその四重鎖構造が生命現象に与える影響を解析しております。

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.