本研究室で開発したがんのバイオマーカーとなるヘミメチル化DNAを簡易に検出する方法がAnalytical Lettersで公開されました。本研究では、ヘミメチル化DNAに結合するタンパク質SRAにルシフェラーゼを融合させたタンパク質を開発し、試薬を混合するだけでヘミメチル化DNAを簡便に測定できる技術を開発しました。今後、簡易がん診断への応用が期待されます。